ラルフハートレー

ウェスタン・エレクトリックの研究所に就職し、1915年にAT&Tの大西洋横断無線電話実験の受信機開発を任された。このときの開発でハートレー発振回路を発明し、三極管を使った際の発振を抑える平滑回路を開発した。発振回路の特許は1915年6月1日に申請され、1920年10月26日に認められた。

第一次世界大戦の際、彼は音響式の電波発信源探知機の原理を確立した。

戦後、ウェスタン・エレクトリックに戻り、後にベル研究所で働くようになる。ここで中継局での音声と搬送波の転送を研究し、「伝送可能な総情報量は伝送周波数帯域と伝送時間とに比例する」という法則を定式化した。その後、10年ほどの闘病生活を経て1939年にベル研究所にコンサルタントとして復帰。

第二次世界大戦の際、彼は特にサーボ機構を研究した。