大橋巨泉、がん闘病で集中治療室に

がん闘病中のタレントの大橋巨泉が4月から都内の病院に入院をし、5月下旬から集中治療室に入っていることがわかりました。
事務所関係者が明かしたとのことです。
大橋巨泉さんの意識ははっきりしているものの、体重は43キロ以下にまで落ち込んでいるといいます。
事務所関係者によると、巨泉は3月下旬に体力低下のため一時入院し、4月5日に退院したといいます。
自宅療養を行っていたが、処方された痛み止めの薬の使用法が合わずに同11日に再入院。
その際、一時的だが意識を失ってしまい、以降は歩行もままならぬ状態になってしまったといいます。