財務省、教員の削減要求へ 7年間で3.9万人減主張

財務省は28日、子どもの数が減っているのに合わせて、公立小中学校の先生の数を減らすよう文部科学省に求める考えを明らかにした。先生1人あたりの子どもの数を変えない場合、今後7年間で3・9万人減らせるとの主張だ。これに対し文科省は、今の人員を維持することで少人数教育を進めようとしており、調整は難航しそうだ。
28日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、財務省が提案した。今は全国の公立小中学校に約70万人の先生がいるが、子どもの数にあわせて先生も減らすと、2019年度は66万2千人に減らせるという。
少人数教育について財務省は「少人数化と、学力やいじめには密接な関係がない」としている。給与も普通の地方公務員並みに下げて、来年度の国の給与負担を約370億円減らすよう主張している。

 

単純にソロバンをはじくと、こういった数字が出てくるんでしょうね。

教師の仕事は対人の仕事だし、しかも接客ではなく指導するのが仕事。

大変なのは間違いない。

モンスターペアレンツなんて人達もいるようだし、指導以外の悩みも尽きないだろう。

「少人数化と学力やいじめに密接な関係がない」というが、どうだろう。

いじめには関係ないように思うが、学力もそうかな?

ただ、学校の場合個別指導する訳ではないし、少人数にする理由はないようにも思う。

だとすると、少子化により生徒の数が減ったけど、教師が保身のための言い訳をいっているだけかもしれない。

公務員とはいえ、いつまでも親方日の丸で安泰ではないんでしょうからね。

給料が高いのも問題ですね。

この際、不適格な教師を選別して、辞めていただいた方がいいのかもしれませんね。

今後の日本のために。