ピース又吉、芥川賞「自信ない」

人気お笑いコンビの「ピース」の又吉直樹さんが今月20日、東京都内で行われたイベントに登場し、自身の小説「火花」が「第28回三島由紀夫賞」に続き、「第153回芥川龍之介賞」にもノミネートされた。
又吉さんはノミネートされたことに対し、「自信はないですね、正直。(審査員のみなさんに)どういうふうに読んでいただけるんだろうという期待と不安です」と率直な感想を報道陣に語った。
芥川賞は、1935年に文藝春秋が創設した文学賞で日本を代表する文学賞のひとつ。
純文学の分野で年2回、無名の作家または新進作家の既発表作品から選考される。
今年の選考委員会は、7月16日に開催の予定。又吉さんは、「火花」の高評価について「ちゃんと読んでくださったことがとてもうれしい。芸人が書いたものなんて読むかと言われると傷つきます」といい、「書いていた時は本当に想像もしていなかった。ちゃんとひとつの小説として正面から読んでもらえるのか、読んでくれたらいいけれど、なかなかなぁと思っていた」と喜びを語っていた。
果たして又吉さんの作品「火花」は芥川賞受賞になるのだろうか。注目が集まる。