ブルーノカービー

50代で亡くなったのが大変残念な俳優だった。

最初に注目されたのは、『ゴッドファーザーPARTII』(1974)での若き日のクレメンザ(後日のクレメンザはリチャード・S・カステラーノが演じた)を演じてからだった。

彼は、この作品で若く禁欲的なヴィトー・コルレオーネ(演ずるはロバート・デ・ニーロ)に銃を隠してもらい、その後で彼と共に敷物を盗むという印象的な役どころを演じていた。彼はコルレオーネをニューヨークのマフィア組織に誘うきっかけになる。それらのシーンはゴッドファーザー・サガの中でも最も印象的なシーンの1つである。

カービーはビリー・クリスタルと共に記憶される役者になった。『恋人たちの予感』(1989)ではクリスタルが演じたハリーの良き相談役の作家を演じた。また『シティ・スリッカーズ』(1991)では、彼は親友にキャトル・ドライブを勧める不安で神経質なスポーツ用品のセールスマンを演じている。

彼の演じた役でも認められ出したのは『グッドモーニング, ベトナム』(1987)で才気煥発のDJエイドリアン・クロナウアー(演ずるはロビン・ウィリアムズ)に対して、ユーモアを解さぬ上司、スティーヴ・ホーク少尉役からであった。