やなせたかしさん死去 94歳、「アンパンマン」作者

「アンパンマン」で知られる漫画家で絵本作家のやなせたかし(本名・柳瀬嵩)さんが13日午前3時8分、心不全のため、東京都内の病院で死去した。94歳だった。葬儀は近親者で営んだ。後日、偲(しの)ぶ会を開く予定。

1919年、東京生まれ。少年時代を高知県で過ごす。東京高等工芸学校(現・千葉大工学部)図案科を卒業。40年に召集、中国で終戦を迎える。高知新聞、三越宣伝部をへて、53年にフリーの漫画家として独立した。
67年に「ボオ氏」で週刊朝日漫画賞。90年、「アンパンマン」で日本漫画家協会大賞、91年に勲四等瑞宝章。
「アンパンマン」は73年、「キンダーブック」(フレーベル館)の一冊として書いた作品。「しょくぱんまん」「ばいきんまん」などユニークなキャラク ターが活躍する物語は子どもたちの間で大人気となり、88年にはテレビアニメ化、96年には高知県香美市に「アンパンマンミュージアム」が開館した。

 

アンパンマンの作者「やなせたかし」さんが亡くなった。

なんと94歳。

今年だったか、去年だったか定かではないが、テレビでインタビューに答えていたのを観た。

そのため90歳を超えているのは知っていたが、あらためて94歳と聞くとやっぱり驚く。

年齢のせいか細い声で弱弱しく感じたが、話していることはしっかりしており、ずいぶん元気だなと思って観ていた。

ちなみに、私はアンパンマン世代ではない。

小さい時に、アニメは放送されていなかった。

なのでアンパンマンを知ったのは大人になってからであった。

アンパンでできた主人公が自分の頭をちぎって食べさせている姿は、なんとも衝撃的だったのを覚えている。

亡くなるまで現役だったんですかね。

残念ですね。

ご冥福をお祈りいたします。