運動会で熱中症

9月下旬になり秋の涼しさが感じられるようになってきたが、週明けからまた気温が上がり30度を超えた。
昨日27日広島の大洲小学校で行われた運動会で、児童27人に熱中症と見られる症状が出てこのうち20人が病院に搬送される事態となった。
残る7人は軽症とみられるため、保護者と共に帰宅したという。
大洲小学校では、25日に運動会を行っていたが悪天候に見舞われ途中で中断。この日の9時半から再開し残る4種目を行った。
児童が症状を訴えたのは閉会式を行っている途中だったという。27人は、倒れる、座り込む、手足がしびれるなどしていたとのこと。
もうじき10月だというのにまだ油断はできないようだ。野外で活動する時は日なたを避け、水分補給を心がけよう。

新幹線運転士、足を投げ出し運転

東海道新幹線の男性運転士(29)が6日午後1時55分ごろ、東京発新大阪行き”こだま653号”に乗務中、静岡県の掛川~浜松間で運転台に両足を乗せた状態で運転していたそうです。
当時、新幹線は時速約200キロで走行していたそうで、人の命を預かっている人としてこの行為は良くなかったと感じます。
『過去に5、6回やった』とも話しており、運転士は今後処分されるとのことです。
この様子は外から撮影され、ツイッターで公開されたことにより発覚した。
また6日については『靴を脱いで約10秒間、運転台に足を上げた。その間、ハンドルは握っていなかったが、前方は見えていた』と話しています。
『前方は見えていた』というのが、言い訳にしか聞こえないと思いますね。
事故が起きなかったのは幸いでしたが、深い反省をしてほしいです。

台風13号本島へ

先月から台風被害の相次ぐ日本全域。先日も東北・北陸で大雨となり高齢者向け介護施設で9人がなくなるなど痛ましい状況にある。
そんな悲しみも冷めやらないなか、新たな台風が沖縄に上陸、このまま九州へとのぼり東日本へ上陸する可能性が強まった。さらに北上をつづけ北海道も通過するようだ。
沖縄や九州では大雨や強風による、家屋への浸水と農作物などの影響が心配されている。
明日にも東日本も暴風域にはいるとされているため、いまのうちに土嚢をつんだり野外の鉢植えを家にいれるなどして対策しておきたいものだ。 
河川が氾濫する恐れもあるため、川など水辺には近付かず、早めの避難をこころがけよう。