大橋巨泉、がん闘病で集中治療室に

がん闘病中のタレントの大橋巨泉が4月から都内の病院に入院をし、5月下旬から集中治療室に入っていることがわかりました。
事務所関係者が明かしたとのことです。
大橋巨泉さんの意識ははっきりしているものの、体重は43キロ以下にまで落ち込んでいるといいます。
事務所関係者によると、巨泉は3月下旬に体力低下のため一時入院し、4月5日に退院したといいます。
自宅療養を行っていたが、処方された痛み止めの薬の使用法が合わずに同11日に再入院。
その際、一時的だが意識を失ってしまい、以降は歩行もままならぬ状態になってしまったといいます。

側溝にいた子ダヌキを保護

福井県大野市にある「福井県自然保護センター」では、4匹の子ダヌキが保護されている。うち3匹は兄弟で、県境の側溝にいたところを市民が保護してつれてこられた。もう1匹も、また違う場所の側溝にいたところを保護された。4匹とも生後1ヶ月未満とみられるという。
タヌキはイヌ科なので、エサは犬用のミルクやドッグフードで、食欲が旺盛だ。体重は3匹が400グラムほど、1匹は約280グラムと少し差があるが、4匹とも元気で夏の終わりごろに山に放される。
同センター鳥獣管理員は、元気で微笑ましいとしながら「今回は良かれと思った人が拾ったが、そっとしておけば夜になって親が来るはずなので、むやみに連れ帰らないで」と話す。
側溝に落ちたのか、親に隠れるように言われていたのかわからないが、とにかく元気ならよかった。

激しい雨・落雷に警戒

梅雨前線や日本海側を進んできた低気圧の影響で、日本列島は広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっています。
中でも九州南部と四国地方では19日から強い雨が断続的に降り続いているそうです。
午後1時までの48時間で、宮崎県えびので304ミリ、鹿児島県輝北で273ミリの雨が降ったとのことです。
熊本地震の被災地でも強い雨が降り、地震の影響で地盤が緩んでいるところもあるので、南阿蘇村や西原村、熊本市などに土砂災害警戒情報が発表されました。
気象庁では、西日本から北日本の広い範囲で激しい雨や落雷などのおそれがあるとして注意を呼びかけています。